« 桜の木の上で | トップページ | ぼくのミステリな日常 »

2005年12月 5日 (月)

虚実の相関

これも以前「微小説」にアップしていたものです。
沙架さんは流体力学が専門の物理学者でフランス系企業の研究者でもあります。
文筆は専門ではありませんが、アイディアが秀逸で、おまけにユーモアたっぷりで笑えます。

「Shaka.pdf」をダウンロード

|

« 桜の木の上で | トップページ | ぼくのミステリな日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/7478828

この記事へのトラックバック一覧です: 虚実の相関:

« 桜の木の上で | トップページ | ぼくのミステリな日常 »