« ノーと言わせてくれ(8) | トップページ | ノーと言わせてくれ(最終回) »

2005年10月 1日 (土)

ノーと言わせてくれ(9)

それから武田の宇宙飛行の訓練が始まった。
技術スタッフの説明が武田にされた。
「木星には片道三年で往復六年かかります。あと現地の調査が一年合計七年の年月が必要です。ただし、この飛行計画はロケットの最大速度が高速の十分の一まで加速するテストが含まれているめ、飛行中は最新の冷凍睡眠技術を利用します。」
「冷凍睡眠!」
「ええ、すでに人体テストも実証済みですのでご安心ください。なーに、目覚めは最高の気分ですよ。しかもこの技術を使えば理論上は一万年の旅行も可能になりますからね。」
武田はその後宇宙飛行のための訓練を受け1年後木星へ出発の日がやってきた。
武田は大勢の人々に見送られ、人類の未来のためにと送り出されることになった。
乗船の直前には里香もやってきて「7年は長いわね。待ってられるかしら?」と微妙な言葉を投げかけていった。
武田は宇宙船に乗り込むとスタッフが待っていた。冷凍睡眠の準備をするためだ。武田は人が一人くらいはいるカプセルの中に寝かされた。
「本当に大丈夫なんですよね?ちゃんと目覚めますよね?」
「なーに、何も問題はありませんよ。目覚めは快適なもんですよ。いい夢をいっぱい見てください。」担当技術者はそう武田に言葉を投げかけると。冷凍化のスイッチを押した。
プシューという音とともにカプセルの中は一面ガスに覆われた。

|

« ノーと言わせてくれ(8) | トップページ | ノーと言わせてくれ(最終回) »

コメント

xvkxcpzv [URL=http://oargkihy.com]yrihyluj[/URL] ybuktvex http://rrpqsavg.com immrboov riqfkmkm

投稿: kxxiklbp | 2007年7月13日 (金) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/6193657

この記事へのトラックバック一覧です: ノーと言わせてくれ(9):

« ノーと言わせてくれ(8) | トップページ | ノーと言わせてくれ(最終回) »