2006年4月29日 (土)

ぼくのミステリな日常

更新が滞ってしまい、申し訳ありません。 文章倶楽部は1ヶ月半に一回のペースで続い...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

虚実の相関

これも以前「微小説」にアップしていたものです。 沙架さんは流体力学が専門の物理学...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の木の上で

以前、後援会サイトの「微小説」にアップしていたものです。 ちょっぴり哀しい猫のお...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の物理学

手前味噌(?)で申し訳ないが、マル太さんによる「よるぶつ」の書談です。 マル太さ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虚無への供物

これもまた必読書。 「Oarai2.pdf」をダウンロード

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邪馬台国はどこですか

pdfファイルでアップします。 大洗さんの書評は、厳選ミステリーで、とても参考に...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 6日 (日)

冥界訪問 第六話

「冥界訪問 第六話」藤かおり  夢渡りという仕事に、典型的な例というものがあるの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

冥界訪問 第五話

「冥界訪問 第五話」藤かおり  春駒は、ものすごく焦っていた。とにかく急いで客を...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

冥界訪問 第四話

「冥界訪問 第四話」 藤かおり 注:第一話から第三話までは「鬼愛」に組み込んで公...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予告

しばらく更新をしておりませんでしたが、近々、連作小説「冥界訪問」を部分的に掲載す...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

夢みどき

大洗藍司(おおあらいあいじ)  今日は木枯らしもなく、暖かな陽射しが頬に当たる。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

『夏のロケット』(書評)

『夏のロケット』川端裕人 大洗藍司  海渡英祐という作家がミステリー講座で〈ミス...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月 1日 (土)

ノーと言わせてくれ(最終回)

「ブー、ブー、ブーッツ!」けたたましいブザー音と共に武田の入っているカプセルが開...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ノーと言わせてくれ(9)

それから武田の宇宙飛行の訓練が始まった。 技術スタッフの説明が武田にされた。 「...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

ノーと言わせてくれ(8)

それから武田は一ヶ月の休養をとりNASAに向かうことになった。 NASAに着くと...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

ノーと言わせてくれ(7)

武田は何処かの村で下ろされた。目隠しを外したとき自分が自由になったことに確信が持...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

ノーと言わせてくれ(6)

武田はテキサス行きの飛行機に乗り窓際の座席についた。武田の座席は窓側から3席並ん...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

ありえない過去への旅

「ヴィユ・モンレアルーーーありえない過去への旅」 竹内薫   父親の仕事の関係で...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーと言わせてくれ(5)

その後、里香は武田のまえに姿を現さなかった。武田が書類にサインをしてから一週間後...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーと言わせてくれ(4)

「それでサインしてきたというの、ほんとうに貴方って優柔不断な人ね。私たち五年も会...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«『ドグラ・マグラ』(書評)