カテゴリー「写真」の15件の記事

かくれんぼ

Hideseek1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな調整ばかりやっている

現像ソフトでは、何枚かの「失敗」写真を実際に修正してみて、直観的な操作性と修正結果などを比べていた。たとえば、

Photo

という使用前の写真をCapture NX2で修正したのがコレ。

Photo_2

同じ写真をSilkypixで修正したのがコレ。

Photo_3

LightroomのプラグインのVivezaを使うとCapture NX2と同じことになる。

うーん、あんなに検討したのに、プラグインのコレクションが10月22日まで買えないことが影響し、ふたたび迷い始めている(笑)

結局、選外になったのはApertureだけじゃんか!(実は、Apertureはお試し版が今のOSで機能しなかったので、購入してしまった)

***

シルバーウィークは原稿の〆切が目白押しなのだが、現像ソフトの選択に、やけに時間がかかってしまい、もう後がない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぷた祭り

六ヶ所村は気温19度で、一日中、霧と雨だったが、低レベル廃棄物から高レベル廃棄物の処理、さらには環境モニターリングの実態まで、つぶさに見学・取材させてもらった。

E-P1は常に首からぶらさげて歩き、メモ帳よりも活躍した感じ。(仕事なので、取材写真はここには掲載できません。)

***

取材後、飛行機の時間まで少しあったので、ねぷたの始まる前20分と始まってから20分だけ見学できた!(飛行機の便数が少ないのに驚かされたが、逆にお祭りを見物できてラッキーだった。)

E-P1の動画機能を初めて使ってみたが、絞りを一つ間違えてしまった(汗)それでも臨場感があって、「附属」の動画機能とは思えない。取材に夜の祭りにと大活躍し、かなり汎用性の高いカメラだと感心。

写真を2枚だけアップしておきます。(すべてパンケーキレンズ28mmF2.8で撮影、ノートリミング、夜の撮影はトイカメラ・フィルター使用)

P8050731


P8050745

言い訳:なんだか祭りの雰囲気出てねーなー(汗)20分で精一杯撮ったので許せ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あくび

ちなみに虎太郎は、顔は認識されなかったが、虎縞のいたるところを誤認識(笑)

「からだ中に人面が隠れている!」

こんなE-P1の遊びもあるのですなぁ。(ちなみに写真は4枚ともE-P1+Nokton classic 35mm f1.4にて撮影後、附属ソフトのOlympus Masterで「トイカメラ」加工してみました。)

ずっとパンケーキレンズばかり付けて持ち歩いていたのだが、クラシックレンズは、意外と猫にも使えることがわかった。(マニュアルフォーカスなので、ピントを合わせているうちに猫が動いちゃうことも多いのだが・・・)

Kota

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人面猫

E-P1をいじり倒していて面白いことに気がついた。(よくある現象なのかもしれないが・・・)

顔認識機能をオンにして猫を撮影すると、一疋だけ、顔が認識される猫がいるのだ。

問題 それは次のうちどの猫でしょう?

Nana


Zonzon


Nyabo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影会

初めてE-P1で外の風景を撮影。(いや、ずっと缶詰めでゲラと格闘していたのです!)

アートフィルターというのが遊べて面白いゾ。

H_2
E-P1+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8(アートフィルター使用)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ナナの写真

あ、4/3(=フォーサーズ)というわけじゃないけれど、4疋の猫のうち3疋だけE-P1で写真を撮ったので、このままだと差別になってしまう(汗)

お腹丸出しのナナも撮ってみました。

N2

ところで、カメラ話にはK妻とのかけあいが少ないようだが、基本的に、

K妻「……」

という状況なので、ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

室内で怠惰な撮影会

引き続きE-P1をいじり倒している。

3つのレンズの使い分けだが、Nokton classic 35mm F1.4は、このカメラにつけると(35mmカメラ換算で)70mm相当になるので、人間の眼にかなり近い(ちょっぴり望遠なんだろうが)。とにかく明るいレンズなので、夜の街灯での撮影や暗い室内に向いている。

子供のころは、マミヤの一眼レフ(渋い!)に50mmの単焦点レンズをつけて、白黒フィルムで撮影し、自分で現像と焼き付けをしていたものだが、このNokton classicは、まさにそんな子供のころの撮影感覚を呼び起こしてくれる。

***

附属のパンケーキレンズ17mm F2.8は、(35mmカメラ換算で)34mmだから、昔の銀塩カメラにNokton classicをつけて撮っていたのと同じ広角の感覚。とにかく軽くて便利。

***

同じく附属のズームレンズ14-42mm F3.5-5.6は、上の2本の単焦点レンズの焦点距離をカバーするような感じで、当然、少々暗くなるが、街の撮影会や旅行に持っていく一本。世界発の沈胴式ズームレンズということで、当初、不良品かと勘違いした(笑)が、コンパクトに収納できて、案外といいんじゃないか。

***

E-P1には「アートフィルター」 なるものがついているのだが、その中にある「ラフモノクローム」というフィルターがレトロ調で面白い。白黒フィルムまで回帰しちゃったような印象。小学生の頃の「浴室現像室」に充満した溶液の酸っぱい匂いを想い出しました。

***

N1_2


N2


N6_2


N7_2


N9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンパスE-P1は、じわっと浸透してくる

ゲストでラジオ出演したときに、つい口が滑ってK妻にバレてしまった(汗)

フジのファインピクス、ニコンの一眼レフ、リコーのGR Digital IIがあるにもかかわらず、オリンパスのE-P1を衝動買い。レンズは「クラシック」で明るいF1.4をつけてみた。子供時代にオリンパスPen Fに憧れていたけれど買ってもらえなかったせいか、なんだか夢見心地だゾ。

Ep1

試しに一枚撮ってみた。いや、単に部屋の中の椅子をそのままパチリ。

Chair

ところで、昔のPenみたいに革張りにしようかと思い、ココを訪れてみたのだが、なんと「尋常でない数の注文」が殺到したらしく、一時、注文の受付を中止していた。オリンパスは、なんで最初から革張りにしなかったんだろう。

だけど、しばらくいじり回していたら、この金属ボディの感触も「悪くない」と思うようになった。

白状すると、E-P1が届いたときは、「やけに重いなぁ」、「デザインもイマイチだなぁ」というのがファーストインプレッションだったのだ。ところが、数日たつうちに、評価がぐんぐん上がっていき、今ではかなりの惚れよう(笑)

思うに、銀塩時代に持っていたカメラの「懐かしさ」をすべて備えているE-P1が、徐々に「愉しかったカメラ小僧」のボクに回帰させてくれたのである。

そう、カメラは金属でできているのであり、それなりに重いのであり、重いからニュートンの慣性の法則により手ブレも起きにくい(笑)のであり、ちょっと武骨なデザインのほうが「機械」を感じさせてくれていいのである。

じわっと「浸透」してくる不思議な魅力をもったカメラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナナの悪行を暴く

コンビニ猫のナナは、フライドポテトが大好物。(ノラ猫のときにコンビニでもらっていたらしい。)でも、身体に悪いので、なるべくやらないことにしている。

かくて人間と猫の攻防は続く。

Photo

Photo_2

Photo_3

撮影K妻←てゆーか、写真撮ってないで、なんとかしてくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

マンガ | 写真 | 日記・コラム・つぶやき