« ナイト・ストレッチ | トップページ | 連載とインフルエンザ »

新型インフルエンザの今後

あっという間にフェーズ5になった新型インフルエンザだが、将来、強毒性のH5N1型(あるいは他の型)も、今回と同じようにあっという間に世界中に拡がるのかなぁと、怖くなってしまった。

強毒性といえば、メキシコでだけ死亡率が以上に高い(=7.6%)のは大きな謎だ。さまざまな憶測が飛んでいるが、実際には、公表されている数の10倍程度の人が感染している可能性は高い。

今後、北半球の夏の時期にインフルエンザは終息したかに見え、その後、秋から冬になると、ふたたび復活して猛威を振るうパターンが濃厚だ。だから、今回の新型インフルエンザのワクチンは、どうしても9月までにつくらなければならない。

今回の新型インフルエンザ(H1N1型)が弱毒性で、なおかつ、9月にワクチンが間に合うよう祈るしかない。

|

« ナイト・ストレッチ | トップページ | 連載とインフルエンザ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/44844004

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザの今後:

« ナイト・ストレッチ | トップページ | 連載とインフルエンザ »