« 冷蔵庫の上 | トップページ | バカヤロー経済学 »

GR Digital II

Ricoh GR Digital IIには、本格的にハマってしまった。

たしかに性能面も優れているが、他にもいいデジカメはたくさんある。

なぜ、これだけ満足度が高いのか。

実に不思議なカメラである。

外出には必ず持っていく、今日この頃。とうとう、ストラップやケースにも凝り始めた。ムックを買って、附録のシルバーリングをつけて、ひとり悦に入っている。

前にも書いたが、三脚用の安定板を持ち歩いて、ミニ三脚の代用にしている。テレコンも買ったし、フィルターも二枚導入。

***

意外に注目されない点だが、ソフト(ファームウェア)のアフターケアが親切だ。定期的に新機能が追加されて、顧客のニーズに応えている。

マックにつなぐときも、たいていのデジカメは、ちょっとした不具合があったりするものだが、GR Digital IIは、実にすんなり認識して、ソフトの技術者たちの苦心がうかがわれる。

ようするにきめ細かいつくりなのだ。

***

むかし、小学校から中学校のころ、親戚のおじさんの「お下がり」の一眼レフを持ち歩いて撮影していて、家の風呂場を臨時の暗室にして、フィルムの現像から焼き付けまでやっていた。

当時欲しかったのは、ペンタックスSPオリンパス・ペンFTだったが、当然のことながら、そんなにいいカメラを買うことはできなかった。

でも、カメラをいじって、写真を撮ることは実に楽しかった。

***

世の中がデジカメになってから、「カメラをいじる」楽しみを忘れていたが、GR Digital IIに出会って、ふたたび子供のころのワクワク感を取り戻した気がする。

マニュアルで撮ることが多いので、他の高性能なデジカメと比べて「失敗」することが多いが、考えたら、フィルムのときも失敗の連続で、たまに一枚、気に入った写真が撮れると凄くうれしかったんだよ。フィルムはもったいないけれど、デジカメになったら、もっとどんどん失敗すればいいんだ。

GR Digital IIは、そんなことに気づかせてくれる。いい愛機だぜ!

|

« 冷蔵庫の上 | トップページ | バカヤロー経済学 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/44715657

この記事へのトラックバック一覧です: GR Digital II:

« 冷蔵庫の上 | トップページ | バカヤロー経済学 »