« 業務連絡 | トップページ | 物理が絶滅する理由 »

そして誰も物理を学ばなくなった

詳しくは日立評論の7月号が出るまで書けないのだが、一昨日の松井孝典先生との対談で、大きな衝撃を受けたことが一つある。

それは、東大の入試における、物理と地学の選択率である。

オレが高校生の頃、物理、化学、生物、地学は四科目とも必修だったが、今では、高校生の2/3は物理を全く教わらないのだという。地学にいたっては、95%の生徒が教わらない!

その結果、入試の理科系科目の選択率は、生物=8割、化学=6割、物理=1割、地学=1分(「ぶ」ですよ、ぶ)になってしまったというのだ。

***

うーん、湯川博士、朝永博士が国民的な英雄で、ブルーバックスの都筑先生の「四次元の世界」が100万部も売れていた時代は、いったいどこへ行ってしまったのか。

(宇宙論や天文学も含めた)地学の基礎には物理学があるし、化学の基礎にも物理学があるはずだが、いまや、誰も物理を知らない時代がやってきたわけだ。日本独自の現象だと思うが、これでは、地球の起源やブラックホールの話なんぞ、誰も興味をもたないことも理解できる。

物理と地学は「わからない」のだそうである。わからないなら面白いはずもない。あとは滅びゆくのみである。

数年前から、物理の本を書くたびに「難解だ」とか「わかりやすいとは思えない」というネガティブなネット書評に苦しめられているのだが、こうなると、オレ一人の努力でどうなる、というレベルを超えている気がする。

***

実は、今書いている透明人間の本が難航しているのだが、その原因の一つは、「屈折率」「電場」「磁場」「クーロンの法則」といった言葉まで、すべて説明しなくてはいけない状況となり、「わからないコール」に悲鳴をあげているからなのだ。

いや、冗談ではない。「クーロンの法則」なんて、もう、誰も名前さえ聞いたことがない時代なのだ。「電磁場」が目の前にあるということを「だって見えないじゃん。学校でも教わったことないし」という人に説明するのは、オレの説明技術をもってしても容易ではない。

***

日本の製造業の将来は暗い。物理を全く知らない人が電気製品や自動車を作ることは不可能だからである。国民の大多数が、「物」が動いたりエネルギーを出したりする原理を知らなくなる近未来、日本はモノづくりができない国になる。

個人的には、物理書が中心のオレの文筆活動も危うい。なにせ、「わからない」「つまらない」「いらない」ものを書き続けているんだからな。

***

高校で全く漢字を教わらなくなったら国語力は低下するだろう。本だって、「漢字が難しい」→「わからない」→「つまらない」→「いらない」となるであろう。

物理は、そんな状況に追い込まれている。考えてみたら、物理学科の同級生の茂木健一郎だって、とっくの昔に「物理」という言葉を使わなくなったではないか! オレだけ、今まで、「素晴らしき物理の世界」という時代遅れの幻想を引きずっていたのかもしれない。

嗚呼、ローマ帝国が滅びたのと同じように、今、わが物理帝国も過去の栄光となりつつある。


 

ブルーバックスの編集のAさんに辞表を提出するか・・・・(ため息)

|

« 業務連絡 | トップページ | 物理が絶滅する理由 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/41291339

この記事へのトラックバック一覧です: そして誰も物理を学ばなくなった:

» ローマ帝国化する物理帝国 [アマチュアサイエンティスト]
竹内薫さんの日記 そして誰も物理を学ばなくなった 『オレが高校生の頃、物理、化学 [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 12時36分

» ローマ帝国化する物理帝国 [アマチュアサイエンティスト]
竹内薫さんの日記 そして誰も物理を学ばなくなった 『オレが高校生の頃、物理、化学 [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 13時44分

» 物理に対する憧れは永久に不滅です! [よく来たな、まあ座れやブログ]
 最初に断っておくと、私は阪神ファン。 「そして誰も物理を学ばなくなった」 〜薫日記〜  私も、高校のとき物理をやっていないし、数学も苦手で補習のお呼びがかかるくらいだった。 入試の理科系科目の選択率は、生物=8割、化学=6割、物理=1割、地学=1分(「ぶ... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 14時31分

» 私が高校時代に物理から離れた理由から、物理離れ対策を考えてみる [アホ理系青年の主張/窓野マサミ・真 非公式Blog]
中学の頃は理科科目の物理分野が好きだった。力学の問題なんかは、図面に矢印ひいてどうのこうのというパズル的要素が楽しかったんだよねえ。 でも、高校に入ると、一気に面白く無くなっちゃったんだよなあ。その時の先生の教え方がイマイチしっくり来なかったというのも....... [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 17時31分

» 余計なお世話 [Intersecting Voice Cafe-Annex]
薫日記: そして誰も物理を学ばなくなった そういえば、私も物理を習っていません。 っていうか、理数系の落第者。 それなのに永い年月を経た今、 物理の研究者をお呼びして カフェを開催することになろうとは。 感慨... もちろん、そこへ到る段階があります。 ...... [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 22時02分

» 【閑話休題】知識の細分化と全体のレビューの必要性 [Science and Communication]
23日付の日経産業新聞のTechno onlineで,興味深い記事が掲載されていた. 見出しには「理科離れ深刻に 全体像示し好奇心刺激を」とあった. [続きを読む]

受信: 2008年5月25日 (日) 06時47分

» 【閑話休題】「構成主義批判」 [Science and Communication]
なぎのねどこのブログエントリーより. 出どころはこちら. この間の薫日記にも関連する話題で,興味深い. [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 21時44分

» ■コマネチ大学数学科:物理学 [ガスコン研究所]
「高校生の2/3は物理を全く教わらない」と嘆く竹内薫センセの「たけしのコマ大数学科」。そんなわけで、今回は「物理学」。  まずは、例題。滑車とロープでできたブランコに乗っている体重60kgの人が、自分自身を持ち上げる力は、どれくらいか?... [続きを読む]

受信: 2008年6月28日 (土) 00時03分

« 業務連絡 | トップページ | 物理が絶滅する理由 »