« 変な数式美術館 | トップページ | チワワの野犬って? »

ツン読

大量の書物をスライド書棚を中心に収納しているが、ここにきて、ツン読式の書棚を増やし始めた。

もともと、よく使う本は、机の周囲に塔状に積んでおく癖があるのだが、常に崩壊の危機にさらされているし、塔の下のほうにある本を取るのは至難の業だ。

そこで、こんなのを導入してみた。

Dsc_0004_2



















実に使いやすい。便利である。作家のための本棚である。(本来は、ソファの横においたりする洒落た家具という位置づけらしいが。)

|

« 変な数式美術館 | トップページ | チワワの野犬って? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/41005668

この記事へのトラックバック一覧です: ツン読:

« 変な数式美術館 | トップページ | チワワの野犬って? »