« 明日のJAM | トップページ | 業務連絡 »

犯人に迫る!

迷宮入りが決まったかのように見えた怪事件だったが、急転直下、犯人(しつこいようだが「ホシ」と読んでください)が判明した。

肉球紋も毛髪も決め手にはならず、返り血を浴びた服も存在しなかったが、犯人は被害者の身体に消すことのできない「証拠」を残していたのだ。

K妻「犯人は明白じゃありませんか」
オレ「は? 頭脳明晰で、昔、売れない探偵小説を書いていたこともある、このオレ様がわからないと言っているのに、犯人がわかったというのか? どうせ、ハッタリだろう」

すると、K妻は、おもむろにコンパスを取り出してきて、オレの顔面の傷を二カ所計測した。

K妻「ほら、幅がほぼ同じじゃありませんか。ウチには、とても大きいコタロウと、とてもちっちゃなナナと、中くらいのニャー君(ちん)がいるんですよ。このコンパスの幅に近い爪間隔をもった猫(ひと)が犯人じゃないかしら」
オレ「うーむ、なら、計ってみろよ」

さすが、売れないミステリー作家湯川薫と結婚しただけのことはある。コンパスの幅は、一匹の猫の爪間隔にぴったりとハマった・・・。

***

犯人はニャー君である。これから長い裁判が始まることになる。

コイツ↓
Dscf0214

|

« 明日のJAM | トップページ | 業務連絡 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/40912626

この記事へのトラックバック一覧です: 犯人に迫る!:

« 明日のJAM | トップページ | 業務連絡 »