« 夢遊病なのか | トップページ | 重版御礼! »

書評のための本を物色。

いつも横浜西口のY書店に行っていたのだが、偶然、ダイエーの上にある「あおい書店」というところに行ったら、ここが大当たり。

これまで、横浜には科学書がたくさんおいてある本屋さんがなかったのだが、とても充実していて、伊達に「横浜最大級」と謳っていないことがわかった。

基本的に日本人はアメリカ人やイギリス人と比べて科学書を10分の1しか読まないわけで、当然、本屋さんにも科学書はほとんどおいていない。それが厳然たる事実だ。学力低下とか科学離れとか、いろいろなことが言われるが、昨今の日本人は本当に科学書を読まない。

不思議なことに、科学書界の重鎮と言われる人たちにも全く危機感はない。

こんな状況だから、たまに、がんばって科学書を充実させてくれている本屋さんに行くと、拝みたくなる。

***

いつも少数の読者に支えられて生きてこられたわけだが、おかげさまで、「熱とはなんだろう」と「ホーキング 虚時間の宇宙」が重版となりました。(共に4刷です)

これからも地道にロングセラーを書き続けられるよう努力しますので、今後もよろしくお願い申し上げます!

***

明日は高校の恩師の最終講義。伊勢物語の第二四段「あづさ弓」だそうだ。三十年ぶりの恩師の講義である。

漢和辞典の編纂もしている学識豊かな先生だが、私が生徒役で古典の講義でもしてもらって本をつくったりできたらいいな、などと企画を考えている。科学作家が源氏物語の最終講義を受けるなんて面白いと思うが・・・。

|

« 夢遊病なのか | トップページ | 重版御礼! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/40431319

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 夢遊病なのか | トップページ | 重版御礼! »