« コンディションが全て | トップページ | ベストセラー狙いの罠 »

珠玉の名作

『ガロアと群論』という本を読んでいるのだが、久々に感動モノの小冊子に出逢った気がする。古い本だが、新装版が出たので、本屋さんで手に取ってみたのだ。

同じく小冊子で、昔、いたく感動したのが『ゲーデルの証明』。もともとScientific Americanの記事が本になったらしいが、とにかくゼロからゲーデルの証明の骨子を説明してあって、目からウロコという感じだった。

こういう一般数学ファン向けの小冊子って、文学でいえば、珠玉の名作短篇という感じだよね。小粒でもピリリと辛い。

今、書いている宇宙の絵本は、できれば、こんな感じにしてみたいものだ。(死んでしまった愛猫に捧げる絵本なんだけど。)

|

« コンディションが全て | トップページ | ベストセラー狙いの罠 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/17750135

この記事へのトラックバック一覧です: 珠玉の名作:

« コンディションが全て | トップページ | ベストセラー狙いの罠 »