« 戻りました! | トップページ | 文句の嵐 »

もう、犬・猫殺しはやめよう

友人からこんなリンクが送られてきた。

昭和59年、中曽根政権のときに、財政再建の名のもとに全国の犬・猫の収容施設の整備費が廃止され、それ以来、捨て犬・捨て猫は、劣悪な環境で殺処分されるしかなくなったのだという。

日本には動物愛護法があるにもかかわらず、現実には、ほとんど機能していない。

毎年、40万匹もの犬と猫が殺処分を受けるわけだが、先日、新聞を読んでいたら「安楽死」と書いてあった驚かされた。殺処分は、ほとんどの場合、窒息死させるわけで、自分がやられる身になったら、断末魔の苦しみを味わうことになるだろう。いったい、窒息死のどこか安楽なのか。

取材した記者が、特定の施設に配慮して、そういう表現を使ったのだろうが、現実から目をそむける表現であり、「なんだ、安楽死ならいいじゃないか」という風潮を助長するから、やはり厳しい現実を直視すべきではないか。

もっとも、熊本県の施設では、持ち込まれた犬・猫の75%が譲渡され、殺処分は8%にすぎないというから驚かされる。動物愛護の鑑みたいな施設があるわけだ。だが、残念ながら、全国の平均は、この数字の逆で、譲渡は8%程度で、残りは処分されてしまう。

もういい加減、40万匹の命を「窒息死」させるのはやめたらどうだろうか。そこら辺から始めないと、この国に美しさとか品格なんて、戻ってこないだろう。

いっそのこと、この国のさまざまな「議員」を半減して、浮いたお金で動物殺しをやめる仕組みをつくれば、動物たちも幸せになり、納税者の文句も出ないのではあるまいか。あまりに残酷な惨状に、そんな皮肉の一つも言ってやりたくなるぜ。

|

« 戻りました! | トップページ | 文句の嵐 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/17316852

この記事へのトラックバック一覧です: もう、犬・猫殺しはやめよう:

» ここにも死を隠蔽する日本がある [おやじのぼやき]
薫日記: もう、犬・猫殺しはやめよう竹内薫(科学ライター、物理学者)さんのブログから。動物を飼うなら自分で最後まで面倒みるか、自身でその動物の命を落とすべきである。現在、犬猫等を処分する人の多くは動物が好きで獣医になった人達でもある。僕も資格は獣医を持って....... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 16時06分

« 戻りました! | トップページ | 文句の嵐 »