« 明日 | トップページ | PHS »

幸福の暗号

いわくつきの本である。

かなり前に徳間書店から出た本で、村上和雄さんに私がインタヴューをした。

第一巻は「ナイトサイエンス教室」と銘打ったが、あまり部数が伸びず、第二巻は「幸福の暗号」という題名になって、かなり焦った憶えがある。(「生命の暗号」と題名が酷似していてサンマークの人は怒っていたが、もともと村上先生の本なので、問題にはならなかった。あたりまえだが)

この本が、なんと、台湾で違法出版されているというのだ。海賊版ということである。

それ自体が驚きで、これから法的に対処するそうだが、なんとも面白い事件ではある。

ここのところ、私が関係した本が韓国語と中国語に翻訳されることが相次ぎ、なんとも不思議な感覚だ。英語のバイリンガルなのに、本は、やはりアジアへと拡がる。いや、案外といい傾向かもしれない。

海賊版が出たことがきっかけで、「幸福の暗号」は文庫に入ることになった。

不幸なのか幸福なのかビミョーな線である。

|

« 明日 | トップページ | PHS »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/16434571

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の暗号:

« 明日 | トップページ | PHS »