« ベイズふたたび | トップページ | 夕刊フジ »

つづき

ベイズの図の出典の本も持っているが、残念ながら英語である。

そこに、追加の解説が出ている。

3つでわかりにくいのであれば、たとえば100個のカップにしてみればいい、というのである。

クイズの回答者がカップを1つ選ぶ。モンティは、選ばれなかった99個のうち、98個を開示してしまう。

この状況なら、最初の選択は1/100のままで「固定」されているのに、99個から98個が開示されて残った1つのほうは、文字通り99%、当たっていそうではないか?

数が増えれば、直観は裏切らない。

***

ベイズは、どうも「思想的」な人が多いので、厄介だ。

数学を楽しむのではなく、怒りのエネルギーに変えてしまう人がいるのは、残念なことである。

|

« ベイズふたたび | トップページ | 夕刊フジ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/16454703

この記事へのトラックバック一覧です: つづき:

« ベイズふたたび | トップページ | 夕刊フジ »