« 農水省の呪い | トップページ | 成功例と失敗例 »

巨人のために髭を落とした

巨人の小笠原選手の真似をして、床屋さんで髭をきれいに剃ってもらった。

オレ「巨人優勝を祈願して髭を落とす! バッサリやってくれ」
床屋「いいんですか? トレードマークじゃないんですか?」
オレ「髭なんて、ここ数年のことだからね。今は、巨人優勝のほうが大事だ」(馬鹿丸出し)

一時間後。

床屋「印象が変わりましたねぇ」

たしかに、素顔(?)を見るのは3年ぶりだが、なんだか、あるものがなくなると、別人の顔みたいで不思議な感覚だ。

全体にのっぺりとして、卵みたいな感じである(笑)

一度、リセットして、ふたたび伸ばすつもりだが、巨人の優勝まではこのままか?

ここ3試合は、胃がキリキリと痛くなるような展開だったが、まだまだ、これからだ。

|

« 農水省の呪い | トップページ | 成功例と失敗例 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/16400089

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人のために髭を落とした:

« 農水省の呪い | トップページ | 成功例と失敗例 »