« これじゃ、お盆やすみだ | トップページ | 理科離れが進むわけだよ »

ブコウスキー

渋谷のシネセゾンで「酔いどれ詩人になるまえに」を観てきた。

20年くらい前からブコウスキーのファンだったので堪能。

絶望の淵における笑いの世界。

ただし、あまり一般の文芸ファンにはオススメしません。

主演のマット・ディロンは中年の渋味が出ていて素晴らしかった。「ターゲット」(85年)や「死の接吻」(90年)の頃とちがって、完全に脱皮した演技で驚いた。

総勢5名で観に行ったが、そのうち4名は喜んでいたので、あなたが、その4名と似ているのなら、是非、観に行くべきだ。残り1名だと拷問かも。←意味不明

|

« これじゃ、お盆やすみだ | トップページ | 理科離れが進むわけだよ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/16162872

この記事へのトラックバック一覧です: ブコウスキー:

« これじゃ、お盆やすみだ | トップページ | 理科離れが進むわけだよ »