« ブートキャンプ凄いぞ | トップページ | 科学ジャーナリスト »

東京電力に注文したい

新潟中越沖地震は、原子力発電所の耐震基準(M6.5、273ガル)を大幅に上回る大地震(M.6.8、680ガル)になり、柏崎刈羽原発は対応に追われた。

正直いって、耐震強度の2.5倍という大きな揺れに本体は耐えたわけで、「よくもちこたえた」と思う。

しかし、どうにも解せないことがある。

これまでの耐震基準は、はたして、甘かったのか、それとも、近年、地震の規模が格段に大きくなったのか?

地震学や耐震強度の専門家ではないので、ここら辺の詳しい事情はわからない。

それにしても、東京電力は、なぜ、放射能漏れの報告が、こんなにも遅いのだろう? おそらく、現場から政府・自治体ではなく、まず、会社の上層部へと「縦方向」に報告が上ってゆき、最上部に達したところで、初めて「横方向」、つまり外部への報告になるからだろう。

このままでは、国民の原子力発電に対する信頼を取り戻せない。

縦ではなく、横方向への報告ができるようなシステムを早急に検討してもらいたいものだ。

|

« ブートキャンプ凄いぞ | トップページ | 科学ジャーナリスト »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/15795907

この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力に注文したい:

» links for 2007-07-17 [hΛlの女好き日記]
”想定外”って結局、調査が完全じゃなかったってことで、それは科学の限界ってことなのか、見通しの甘さ含む人為的なミスなのかっていうと、「実は原発直下に活断層があるのかも」なんて話を見るにつけ、前者の理由が大きいんじゃないかとそんな感じがしてくる。とすれば、地震研究ってその程度のものなんだと、そのことに愕然。... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 09時06分

« ブートキャンプ凄いぞ | トップページ | 科学ジャーナリスト »