« 江村哲二さんの死 | トップページ | 薄型テレビ、買ったんだけど »

社保庁のどこが問題なのか

テレビやラジオでは言えないことだが、社保庁の構造的な問題については、事情通の人が指摘する点が二つある。

1 歴代の長官は、厚生労働省の出世コースからはずれた「元」エリートであり、そもそも、本気で年金の仕事をやる気などない

2 労働組合が強く、なるべく仕事をしないための「闘争」に明け暮れていて、外部から来た幹部職員も、匙を投げてしまう

ようするに、長官は、早く退職金をもらって、それから何箇所も天下りの「渡り」を続けて、次々と退職金を得る算段しかしていないのだ。

労働組合が、組合員の労働条件を守るのはあたりまえのことだが、その結果、仕事が「ずさん」になり、国民が被害をうけるとなれば、そんなものは、もはや「労働」とは呼べないだろう。

いずれの要因も、「本末転倒」なのである。

***

となると、天下りではなく、外部から「やる気のある」人をトップに起用することが肝要だし、労働組合については、旧国鉄の解体と同じような手法で「手術」するしかあるまい。

まじめに働いている職員もいるのだから、悪い構造を改革すべきだと思う。

なお、友人のソフトエンジニアによれば、一年で5000万件の照合なんて不可能だそうだ。(てゆーか、原本が破棄されているわけだし・・・)

|

« 江村哲二さんの死 | トップページ | 薄型テレビ、買ったんだけど »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/15452664

この記事へのトラックバック一覧です: 社保庁のどこが問題なのか:

« 江村哲二さんの死 | トップページ | 薄型テレビ、買ったんだけど »