« もろもろ | トップページ | 牧師さんのこと »

結婚式行ってきた

妻の従弟の結婚式は伊豆修禅寺のラフォーレというところで行なわれた。

遠いし疲れてしまう、という読みで、前日からそこのホテルに宿泊。
ふつうの温泉のほかに水着で入れるプール温泉もあって、ゆっくりと暖まることができた。

風呂から出て、ひとりで廊下を歩きながら、窓に映るおのれの体形を見て、
「貴様、そのポッコリお腹、いずれ、なんとかせねばなるまい」
と、時代劇調で呟いて、たぬきのようにお腹を勢いよくポンと叩いた瞬間、数メートル先の暗がりに人の気配が!

見ると、電気の消えた喫茶店の椅子にアベックが寄り添うように座って、こちらを見ているではないか。
二人の表情は、嗤っているようにも見え、また、凍りついているようにも見え、いずれにせよ、あまりオレのことを尊敬していない目つきであった。

あのなー、どうして、そんな営業終了後の喫茶スペースに座ってるわけ?

まあ、独り言の癖をもっているオレも悪いのだが。

むかしから、夢想癖があり、小学生高学年のときも、飛行機になって「ブーン」と言いながら道を飛んでいたら、後ろを歩いていた女子高生に大笑いされて、ハッと我に返った苦い想い出がある。

部屋に戻って、その報告をすると、K妻が、
「暗がりで顔は見えなかった?」
と訊ねるではないか。
「あまり見ないでそそくさと帰ってきた」
「実はね、このホテルは周りにコテージがあるのよ」
「ふむ」
「新郎新婦は、コテージに泊まっているらしいのよ」
「それで?」
「ホテルに泊まっているアベックなら、自分の部屋で寄り添えばいいわけよね」
「・・・」
「コテージに泊まっている新郎新婦が、ホテルのプール温泉にやって来て、その帰りに涼んでいた可能性もあるから」
「・・・」

翌日の結婚式で、新郎新婦が、わざと視線を逸らしていたり、通常ではない笑みを浮かべたいたように感じた。

かなり疑心暗鬼なオレ。

|

« もろもろ | トップページ | 牧師さんのこと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/15076694

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式行ってきた:

» http://elementary-science.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_a156.html [∫Ψ* Quest for Quarks Ψdx]
竹内先生が独り言の癖をもっている、と日記に書いていた。 読んで思わず爆笑! うん [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 21時49分

« もろもろ | トップページ | 牧師さんのこと »