« 事程左様 | トップページ | パイレーツ »

あいまいな正義

愛知の立て篭もり事件で殉職された林一歩警部は、警察学校の同期でも成績がトップで、将来を嘱望された警官だった。

テレビの映像を見ていて、私が感じたのは、(多くの人々が感じたのと同じく)「なぜ、犯人を狙撃しないのか?」という素朴な疑問だった。

警官が玄関先に重傷のまま放置され続ける、という情況は、きわめて異常だ。むろん、犯人に脅されていたのだから、至近距離からさらに撃たれる恐れもあり、救出が難しかったのは理解できる。

だが、テロが横行し、銃が氾濫する現代社会において、それでも「狙撃」ができない理由が警察には存在する。

私もこの事件でようやく思い出したのだが、1970年の瀬戸内シージャック事件が全ての始まりだったのだ。

先週は私もJ-WAVEで番組をやっていて、番組中に犯人が投降して、臨時ニュースを入れたりしたが、スタッフの間でも「どうして狙撃しないの?」という話になり、調べてみたら、1970年の事件により警察は(事実上)狙撃できない状態であることがわかり、かなり驚かされた。

瀬戸内のシージャック事件では、胸を撃たれた犯人の映像がテレビで放送されて世論が形成され、その後、人権派の弁護士が狙撃手を「殺人」で訴えたため、警察は、最終手段としての「犯人狙撃」を封じられてしまった。(その後の狙撃については上のリンクをご覧いただきたい。)

70年代、私はまだ十代だったが、たしかに世論の趨勢は「人権」であり、それは、今から振り返れば、犯人のための行き過ぎた人権だったのかもしれない。

人を殺(あや)めても、あるいは、さらに犠牲者が増える可能性が高くても、犯人の命を守ることが「正義」なのか、それとも、重傷で倒れている警官を救うために、すぐ側で銃を構えている犯人を狙撃することが「正義」なのか。

世論が警察の手を封じ、四半世紀も「正義」の意味があいまいなまま放置された結果、林一歩警部は殉職した。

しかし、この私も、十代の頃は、あまり考えもせず、「警察は、犯人を殺さなくてもよかったのにね」などと言っていたにちがいないのだ。

林警部の殉職に対して、やりきれなさと同時に、一抹の罪の意識を感じているのは、はたして私だけだろうか。

林一歩警部のご冥福をお祈りしたい。

|

« 事程左様 | トップページ | パイレーツ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/15184180

この記事へのトラックバック一覧です: あいまいな正義:

» 援護射撃すべきだった「立てこもり犯事件」 [評論&小説&日記]
 愛知県の長久町で、元妻を人質に取り、銃を持ち、立てこもっていた男が、投降し事件発生から29時間 経ち、ようやく解決した。 この事件では、玄関前で撃たれた警官を救うため、警官隊が突入したが、警戒にあたっていたSATの隊 員、林一歩巡査部長が、被弾し死亡した。  最初に、撃たれた警官は、慎重さを欠いていた面があったとは言え、「拳銃はおもちゃだ」と通報され たこともあり、判断ミスは仕方がなかっただろう。 問題は、撃たれた警官を救出するまで、なぜ路上に5時間も放置し..... [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 16時48分

» 「あいまいな正義」はキャリアの言い訳 [評論&小説&日記]
 少し前になってしまったが、科学作家の竹内薫氏が、5月25日のブログで「あいまいな正義」 と題し、先日の愛知県 町の立てこもり犯事件で、撃たれた警官が5時間放置され、SATの隊員が撃た れて死亡したことについて、警察の対応を弁護している。  竹内氏は、先日、朝日カルチャーの講師を辞したが、私は今年春まで、約3年半、氏の講義、主に物理 講座を受講していた。 竹内氏によると、1970年の瀬戸内シージャック事件の際、犯人を狙撃した警官が、「人権派」弁護士 に殺人罪で..... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 01時10分

« 事程左様 | トップページ | パイレーツ »