« 業務連絡(もろもろ) | トップページ | 喉が痛い! »

恋愛+カガク=シュレ猫?

朝の5時だというのに徹夜で明日の「面白数学塾」の問題を選定中(汗)

マレーシアから帰ってきたら、いきなり気温が31度から11度まで落ちたので、どうにも身体がついていかない。

喉が痛いのだが、金曜からはJ-WAVEなので、なんとしても治さないといけない。

アパートの下のお医者さんに行って風邪薬をもらってきた。

***

仕事の依頼が多いのは嬉しいことだが、質が落ちるのはまずいので、今後、一回だけの執筆の仕事などは、場合によっては断らないと身体がもたないかもしれない。

カルチャーセンターも7月から9月はレギュラー講座は休ませてもらうことにした。(一回講座をやる予定です)

先月、連載を一本中止にしてもらい、あと三回で「ねこのきもち」の連載も終わるので、少しは連載関係が楽になるかもしれない。

とにかく、好きな読書や映画鑑賞がままらないのが辛い。

***

6月には久々の小説(恋愛カガク小説)を共著で発表する予定。

ライトノベルス風で、笑って、泣けて、科学者の素顔も学べるという意欲策。ストーリーは、あえて「ベタ」にした。

現在、科学書の棚ではなく、文芸のエッセーの棚あたりに置いてもらえるよう、版元と交渉中。題名も思案中。

この本に賭けるオレの意欲はかなりのもので、万が一、売れなかった場合は、印税をいっさいもらわない、と編集長に大見えを切ってみせた(笑)←本気である

つまり、営業担当者は、この本を科学書として売りたいのだが、オレは、この本をライトノベルスとして売りたいのだ。

だから、「センセ、この恋愛部分、なんとかなりませんかね」と言われて、「ちがう、ちがう、これは、第一に恋愛小説であり、次にカガク小説なのだ。つまり、以下のような公式が成立する:

恋愛+カガク=シュレ猫

わかったか?」と応じたのである。

どうしても営業サイドが科学書にしたいというのなら、原稿を引き上げて他の出版社にもっていく、とまで脅しをかけた(笑)

***

作者の気持ちが読者に伝わるかどうかは、版元が、どれくらい本気で「媒介」してくれるかにかかっている。

オシャレな恋愛カガク小説で、受け入れられないのであれば、オレは切腹するしかない。

シュレ猫と同じで、生きるか死ぬかの大きな賭けなんだよ。

|

« 業務連絡(もろもろ) | トップページ | 喉が痛い! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/14559107

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛+カガク=シュレ猫?:

» 韓国ドラマ宮(クン)第3話「私シンデレラになります!!」 [韓ドラマ愛好会]
ついに皇太子妃になることを決心したチェギョン。入宮と同時に皇太子妃としての教育が始まる。皇室用語はもちろんのこと、婚礼の順序まで覚えなければならない訓育課程は難しく、チェギョンの入宮は最初から前途多難だ。そしていよいよ皇太子妃を迎える大々的...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 23時14分

« 業務連絡(もろもろ) | トップページ | 喉が痛い! »