« オレはグルメじゃないが | トップページ | 特集企画 »

天神様の季節

一瞬、自由な時間ができたので、NEWS ZEROの反省テープをもって、鎌倉の実家へ。

ところが、午前11時だというのに、駅の構内はごったがえし、駅前にもひとだかりができていて、おまけに修学旅行生が大勢たむろしていた。

ようやくタクシーに乗って、
「なんで平日の午前中なのにこんなに観光客であふれてるんですかねぇ」
と、運転手さんに訊ねたら、
「ああ、荏柄天神に願掛けでしょう」
という答えが返ってきた。

ナルホド。

観光客と修学旅行生じゃなくて、受験生とその家族だったのか。

鎌倉の荏柄天神社は、実は、太宰府天満宮と京都の北野天満宮と並んで三大天神に数えられるのだそうだ。
「だそうだ」というのは、もちろん、これが伝聞情報にすぎないからで、ネットで「三大天神」で検索をかけてみると、太宰府と北野は共通なのに、三番目については、意見が食い違うことが判明(笑)

うーん、たしかに、東京にだって湯島天神があるし、各地にも有名な天神様がいらっしゃる。

どこの天神様が銅メダルなんだろうね・・・もっとも、神様は、みんな同じだから、あまり意味のない詮索かもしれないが・・・。

***

実家の家族にも見てもらって、NEWS ZEROの「カガクのニュース」の反省点を洗い出してみた。

なんだ、ディレクターのKさんが掲げてくれているカンペ(=私の場合は台詞はないので、触れるべきポイントをまとめたもの)ではなく、目の前の紙に視線が落ちているじゃないか。でも、火曜日は、アレルギー性結膜炎で、目薬ばかり差していたせいか、細かい字が見えなかったんだよね(汗)

それに初っぱなから声も出ていないよな。元気がない。瞼は腫れている。こういうのを英語で「LONG FACE」という。能面顔ともいう。

元気よく、ディレクターのKさんと映像と村尾さんたちに視線を切り替えて、次回は修正を試みる。

コマネチでは、もっとずっとリラックスして解説しているんだから、同じようにできればいいのだが・・・番組の最後の一分で焦らないようにしゃべるのは、意外と難しいのだ。

「焦らず、最後をうまく決められますように」

荏柄天神に願掛けに行くか(笑)

|

« オレはグルメじゃないが | トップページ | 特集企画 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/13653972

この記事へのトラックバック一覧です: 天神様の季節:

« オレはグルメじゃないが | トップページ | 特集企画 »