« 重版御礼! | トップページ | 今日この頃 »

コマネチ大学数学科 特別集中講座

竹芝のインターコンチネンタルホテルで、たけしさんと「コマネチ大学数学科 特別集中講座」のための対談。

和気藹藹とした雰囲気で、刺激のあるお話をたくさん伺うことができて、個人的に大満足。

一緒に問題も解いたが、やはり、オレは、解説サイドに廻っていたほうが無難だ(笑)
現役復帰は、もう無理。

二問目の問題など、帰りの電車の中で「簡単な解法」が思い浮かんだが、対談中は、ややこしい方法で計算してしまった(汗)

むかしから、試験が終わってから正解がわかる性質なんだよ。

放送でやった問題の解答も付けるそうだが、どれくらいの分量になるかは未定。

映画を数式センスでつくる話は、凄く面白かった。

対談はたけしさんとオレだけだったが、問題の監修では中村先生にもお願いすることになる。

発売は来年の初めあたりか?

なお、番組では、年末特番をやることが決まったらしい。

本も特番も、乞うご期待!

|

« 重版御礼! | トップページ | 今日この頃 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/12606287

この記事へのトラックバック一覧です: コマネチ大学数学科 特別集中講座:

» たけしのコマネチ大学数学科 第4回 - 折り紙 [紺碧の世界に夜露死苦]
「折り紙」 番組の中で、一番好きな問題ですね。 例題 「折り紙だけを使って一番大 [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 03時46分

» ■コマネチ大学数学科27:一筆書き [ガスコン研究所]
 世界女子バレー、日本は残念ながらメダル争いから脱落、ロシアとブラジルが世界1位の争いを繰り広げる中、「たけしのコマネチ大学数学科」の第27回。今回のお題は「一筆書き」。下のおダンゴを4つ串刺しにしたような図形のAから描き始め、Bに辿り着く書き順は何通りあるか答えなさいというもの。  ひとつの円に注目すると、最初の分岐は3通り。で、戻るときは、来た道を引き返せないから「3-1」の2通り。つまり、ひ... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 17時09分

« 重版御礼! | トップページ | 今日この頃 »