« 業務連絡 | トップページ | リトヴィネンコ »

けたぐり批判に疑問

横綱審議委員から、今場所の朝青龍のけたぐりについて注文が相次いだそうだが、実におかしい話だ。

そもそも、けたぐりが品位のない手ならば、相撲の手として禁止すればいいだけの話であり、手として存在するのに、使ってはいけないというのは、ルールを無視した暴論である。

筋が通らないとはこのことだ。

横綱審議委員による「朝青龍いじめ」は、前々から気になっているのだが、もういい加減にされたほうがよかろう。

むしろ、横綱審議委員の「老害」のほうが痛々しくて、どなたも自覚がない点が「品位」を欠くと私は思う。

最近、日本では、功なり名を遂げて、さまざまな「委員」をかけもちするようになると、もはや、誰も諌言できなくなり、痛々しい状況が出現する。(私の分野である科学出版界にもそのような状況が存在する!)

その点、小泉前首相の引き際は、鮮やかとしか言いようがなかった。
なかなか、ああはできないよ。

ああいう人こそ横綱審議委員になってもらって、大相撲を振興すべきじゃないのかなぁ・・・。

|

« 業務連絡 | トップページ | リトヴィネンコ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/12850807

この記事へのトラックバック一覧です: けたぐり批判に疑問:

« 業務連絡 | トップページ | リトヴィネンコ »