« カポーティ | トップページ | 収録と生 »

ブラック・ダリア

近くの109シネマズに「ブラック・ダリア」を観に行った。

この週末は久しぶりの映画三昧というわけ。

感想は、「よくもわるくもデ・パルマだなぁ」。

元になった小説を読んでいないので、作品の構成などについては何も言えないのだが、ノワール映画としては、とてもいい出来だったと思う。

個人的には、デ・パルマの作品でいちばん好きなのは「虚栄のかがり火」。(デ・パルマらしからぬ作品という評価が多い)
いちばん嫌いなのは「ミッション:インポッシブル」。(なんか違うだろう、という感じ)

昨日の「カポーティ」といい、今日の「ブラック・ダリア」といい、実際の殺人事件が元になっていて、なんだか、世田谷一家殺人事件を思い出してしまった・・・。

|

« カポーティ | トップページ | 収録と生 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/12302342

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ダリア:

» 「ブラック・ダリア」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「ブラック・ダリア」 監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン、アーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク、ミア・カーシュナー、マイク・スター、フィオナ・ショウ、レイチェル・マイナー 戦後間もない1947年のロサンゼルス。 かつてはプロボクサーとして鳴らした、警官のバッキーとリー。 ロス市警のPR試合で一戦を交えた2人は、急速に�... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 18時09分

» ブラック・ダリア [気になる言葉]
『ブラック・ダリア』(The Black Dahlia)は、2006年のアメリカ映画。ジェイムズ・エルロイの同名小説でLA4部作の第一作目「ブラック・ダリア」が原作。監督はブライアン・デ・パルマ。全米公開に先駆けて2006年8月30日より開催の第63回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品、オープニング上映された。... [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 22時30分

« カポーティ | トップページ | 収録と生 »