« コマネチ準備中 | トップページ | 祝・四連勝 »

カルタンが(汗)

例年の倍くらい仕事をしている気がするが、今年は、これまでに例年の半分くらいしか本が出ていない。

何冊かの本を同時並行的にやっていて、それは例年と同じ仕事の形態だが、今年は、それらが、まだどれも完成していないからだ。

今年の顕著な傾向は、過去の作品の復刊だろう。
今月は「ペンローズの<量子脳>理論」がちくま学芸文庫から復刊されたが、11月には、「脳のからくり」と「トンデモ科学の世界」(改題予定)も復刊予定だ。

私は、本は文庫化されると、もとの単行本はなくなるのだとばかり思っていたが、どうやら、そうでもないらしい。
これは、オーディオ・ブックや外国語版と同じように、別の「バージョン」なのだそうだ。

売り場も読者層もちがう、といわれれば、たしかにそうかとも思うが、題名を変えた場合は、きちんと周知徹底しておかないと、新しい本だと勘違いして、二重に買ってしまうお客さんも出てくるだろう。
このブログとオフィシャル・サイトで告知しますので。

今週は、あれよあれよという間に時が過ぎた。
本日は、2時から東京で二件の打ち合わせをしたあと、カルチャーセンターでファインマン重力を読む。(じゅ、準備不足で、あたふたしているところ!)

重力計算の「Cartan」というプログラムがあって、先週黒板でやった計算を自動的にやってくれるのだが、なんと、Mathematicaのバージョンアップのせいか、うまく動かない! せっかく、教室でデモしようと思ったのに・・・。

|

« コマネチ準備中 | トップページ | 祝・四連勝 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/11806601

この記事へのトラックバック一覧です: カルタンが(汗):

» 脳のからくり [ガスコン研究所]
脳のからくり―わくわくドキドキする脳の話 著者:茂木 健一郎,竹内 薫販売元:中経出版Amazon.co.jpで詳細を確認する 「ペンローズの量子脳理論」(竹内薫/訳・茂木健一郎/解説)は、なんだか難しそうだなぁ……という印象だったので、私にも理解できそうな「脳のからくり」(竹内薫/著・茂木健一郎/監修)を読んだ。  この本は、脳科学の最先端の研究を非常にわかりやすい言葉で解説してくれる。片や「... [続きを読む]

受信: 2006年9月21日 (木) 23時57分

» 頭がよくなる練習帳 [404 Blog Not Found]
最近コマネチ大学数学科に関するentriesをさぼっていたら、「コマ大はどうした」というお怒りのmailがちらほら。そんなところ恐縮なのだが、先にこちらを紹介させていただく。 頭がよみがえる算数練習帳 竹内 薫 薫日記: カルタンが(汗)例年の倍くらい....... [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 14時56分

« コマネチ準備中 | トップページ | 祝・四連勝 »