« 今日は備えがなかったので憂いがあった | トップページ | キャスターの準備に大わらわ »

130億円と3兆円

東大が来年までに集めようとしているお金と、現在、ハーバード大学がもっているお金である。

アメリカの大学の巨額の基金については、批判も多いが、その豊かな財政が、大学の国際競争力を支えていることは、誰も否めない。

東大は、生半可な民営化ではなく、ハーバードのような真の競争力を身に付けた大学に脱皮する必要があると私は考えている。

しかし、内部から東大を改革するのは、至難の業だろう。

ここのところ、金融関係の雑誌や新聞のコラムなどで、東大の「改革」が特集されることが多いが、その現状は厳しい。現実の数字は、130億円と3兆円なのである。

安倍政権は教育改革を掲げているが、真の問題は、本丸である文部科学省をどうやって「改革」するか、なのだ。
どこまで本気で斬り込むことができるのか、今後の動向が楽しみである。

|

« 今日は備えがなかったので憂いがあった | トップページ | キャスターの準備に大わらわ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/12058008

この記事へのトラックバック一覧です: 130億円と3兆円:

» 人気は日本を救う? [ちゃらんぽらん]
130億と3兆で触発されました。初トラックバックです。 [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 13時28分

» 優良企業?「東大」 [No Shortcut Life]
薫日記: 130億円と3兆円 東大が来年までに集めようとしているお金と、現在、ハーバード大学がもっているお金である。 アメリカの大学の巨額の基金については、批判も多いが、その豊かな財政が、大学の国際競争力を支えていることは、誰も否めない。 え、そうな....... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 00時08分

« 今日は備えがなかったので憂いがあった | トップページ | キャスターの準備に大わらわ »