« 130億円と3兆円 | トップページ | おまえも悪い奴よのう(悪代官風) »

キャスターの準備に大わらわ

来週から始まるNEWS ZEROで、私に求められている役割は、もちろん記者でもなく(ニュースそのものを「読む」という意味での)アナウンサーでもなく、ニュースの背後にある「仮説」を発掘して、読み解く「分析官」だろう。

ようするに、表面的な解釈ではない、「別の視点」からの見方を提案するのが仕事ということだ。

もちろん、基本には科学・技術と環境・エネルギーといった視点があるが、ニュースの大半は、金融であったり政治であったりするわけで、そういった「守備範囲」を超えたニュースをどうやって分析するかが当面の課題となる。

もともと法学専攻であったことは、私にとって大変有利にはたらいている。

なぜなら、私の人脈の多くは政財界・金融界で、若手のエキスパートとして活躍しているからだ。

現在、おのおのの分野ではたらいている、高い見識をもった友人たちに連絡をとって、火曜日の私のニュース分析を助けてくれるよう、お願いしているところだ。

NEWS ZEROのチーフ・プロデューサーを筆頭とするスタッフは、番組の抱負として、「この国の将来をよりよい方向へ」という硬派な理想を掲げていて、私もその理念に多いに共鳴した。

これまでも科学技術インタープリターとして、複雑怪奇にからみあった情報を、わかりやすく繙(ひもと)くのが仕事だったが、これからは、あつかう情報の範囲が大きく拡がることになる。

私ひとりでできる仕事ではないので、大勢の友人たちの助けを借りることになるだろう。

書き言葉から話し言葉へ。
科学技術情報からニュース全般へ。

非常に楽しみな仕事だ。
気合いを入れて、なおかつ自然体でがんばるつもりだ。

応援よろしく!

(もちろん、サイエンスライターの仕事も続けますのでご安心を)

|

« 130億円と3兆円 | トップページ | おまえも悪い奴よのう(悪代官風) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/12058128

この記事へのトラックバック一覧です: キャスターの準備に大わらわ:

« 130億円と3兆円 | トップページ | おまえも悪い奴よのう(悪代官風) »