« テレパシー社会の前兆? | トップページ | 重版御礼! »

いまさらハウル

遅まきながら「ハウルの動く城」のDVDを借りてきて観た。

いろいろな人の意見に惑わされて、あまりよくないのかという先入観をもっていたのだが、結論からいうと、凄くよかった!

「もののけ」とか「千と千尋」と比べて、ユーモア感覚が復活して、初期の「ナウシカ」や「トトロ」や「ラピュタ」あたりに近い感じか。

これなら、もっと早く観ればよかった!

宮崎駿監督の作品は、個人的に、「もののけ」あたりから、シリアスな思想性が前面に出てきた感じがして、「前のほうが好きだよなー」という不満があったので、「ハウル」も劇場に観に行かなかったのだが、損しちゃったよ。

保存版ということで、このDVDは、お店に返したら別途購入するつもり。

***

「ゲド戦記」のほうは、相当に迷ったが、原作のル=グウィンの感想を読んで、やはり劇場に行くのはやめた・・・。DVDになったら観るつもり。

|

« テレパシー社会の前兆? | トップページ | 重版御礼! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/11650413

この記事へのトラックバック一覧です: いまさらハウル:

» ハウルの動く城 [DVDを見つくせ!]
宮崎駿監督作品! 1500万人を動員した劇場大ヒット作が遂に登場! [続きを読む]

受信: 2006年8月30日 (水) 00時06分

« テレパシー社会の前兆? | トップページ | 重版御礼! »