« 物理づいてる | トップページ | 性格だから仕方ない »

仔猫殺し・奇妙な論理の連鎖

仔猫殺しは、単なる犯罪行為ということで一件落着かと思ったら、毎日新聞ともあろうものが、このような(やはり意味不明の)文章を堂々と載せていて、驚愕させられた。

「直木賞作家が日経新聞に寄せた「子猫殺し」のエッセーを三読す。論旨は明快、尊厳死の是非と似た覚悟の問題提起として読める。納得するか否かは読者の側にあり、あえて一石を投じたか。」
毎日新聞 2006年8月25日

ええと・・・読めないから。一石を投ずる・・・どこにどう投ずるんだよ。

本当に三回も読み込んで、仔猫殺しエッセイの論旨が明快で、尊厳死と関連づけたとあれば、毎日新聞にとって、事は重大である。
かなり年配の一線を退いて久しい人(?)の文章に思われるが、もはや何かが崩れているとしか申し上げようがない。

仔猫殺しと尊厳死は一切関係がない。
それとも、仔猫たちは、不治の病に侵されて、自ら尊厳死を選んだ、とでも言うのだろうか?

私の知能では、まったくもって理解不能だ。

***

(私が新聞に書かせてもらうときは、本当にがんばって、時間を割いて仕事をしているつもりなので、ここにあげた二人のように、貴重な紙面に、適当に書き散らしている連中を見ると、無性に腹が立つ。もっと、一所懸命にやれよ!)

|

« 物理づいてる | トップページ | 性格だから仕方ない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/11622853

この記事へのトラックバック一覧です: 仔猫殺し・奇妙な論理の連鎖:

« 物理づいてる | トップページ | 性格だから仕方ない »