« 花火 | トップページ | 外村先生との対談で感じたこと »

優れ物と愚か物

世の中には優れ物と愚か物がある。

MacBookブラックは優れ物。

DDも優れ物。

BALMUDAの放熱板も優れ物。

てなわけで、優れ物ばかり集めて悦に入っていたら、いきなり愚か物にぶちあたった。

オレの商売はパソコンが動いてナンボなので、メンテナンスのためにAllume SystemsというところからChekItというソフトを買ったのだった。
そこにはTechTool Platinumというプログラムが入っていて、万が一、マックが言うことをきかなくなったときは、そのCDから起動するようになっている。

だが、最新バージョンのはずが、Intelマック対応になっていなくて、起動できなかった。

そこでFAQを調べていたら、起動できない場合は、eDriveから起動しろ、とある。では、どうやって、ハードディスクを分割してeDriveを作成するかというと、まず、起動用CDから立ち上げろ、と書いてる。バカか、この文章書いた奴。

そこで、困って、いろいろ調べてみたら、TechToolはPro4.5という最新版が出ていて、それなら起動できることがわかった。開発元のMicromatという会社にアップグレード($25)を問い合わせたのだが、なんと、CheckItは販売元が別なので、アップグレードはできないから、通常の値段($98)でもう一度買えという。

ふざけんなよ。

TechToolPro4とTechTool Platunumはおんなじ仕様なんだぜ。

さらに腹が立つことに、一緒にバンドルされていたRetrospectというバックアップ用のソフトも、使い勝手が今一つで、外付けハードディスクについてきたタダのSilverKeeperに戻した。(こちらは単なる好みの問題だが)

TechToolは、愚か物で嫌いになったので、他のメンテナンスソフトにしようと思うのだが、みなさん、なにかご存知ありませんか?(本当に教えてくれ!)

|

« 花火 | トップページ | 外村先生との対談で感じたこと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/11218446

この記事へのトラックバック一覧です: 優れ物と愚か物:

» 究極のメンテソフト? AppleJack [t0moriBlog]
(古い記事ですがこれで充分…)シングルユーザーモード(SUM)で様々なディスクメンテナンスを施すソフト(と言うよりそれらの処理を呼び出すスクリプトなのかな?)、 AppleJack を試してみました。... [続きを読む]

受信: 2006年8月 2日 (水) 20時24分

« 花火 | トップページ | 外村先生との対談で感じたこと »