« 日通も使えないねぇ(笑) | トップページ | 長谷川眞理子さんと対談 »

「妖怪教授」どもの楽園か?

癒着といえば、ここ数年、教育・科学界の癒着が目についてしかたない。

すでに引退した国立大学教授が、ふたたび(ある特殊な仕組みによって)復活して、税金を無駄につかっている例とか、かなりメチャクチャなことが横行している。

不思議と、マスコミもだんまりを決め込んでいる。なぜだろう?
(いまや、インターネットしか批判精神をもたなくなった、ということなのか?)

外国の例では、低迷していたハーバード大学が飛躍的な発展を遂げた時期というのがあって、そんな事例を東大なんかと比べてみると、何が悪いのかが、一目瞭然なんだが、税金意識のない東大(および他の国立大学)の指導者たちには、そもそも自分たちの大学を世界レベルに引き上げるつもりなどまったくないらしい。

昨日、二十年ぶりに東大のキャンパスに足を踏み入れて、科学インタープリター養成講座の授業をやったのだが、かえって、「この大学は大改革が必要だな」という思いを強くした。

まずは、ろくろく仕事もしないで、政府委員なんかばかりやって、甘い汁を吸っている妖怪教授どもから退治しないと、東大を含めた国立大学の「ぬるま湯」体質はなくならないよな。

国民は、いったい、どれくらいの税金が妖怪教授どもによって無駄遣いされているのか、知っているのだろうか・・・。

|

« 日通も使えないねぇ(笑) | トップページ | 長谷川眞理子さんと対談 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/10809119

この記事へのトラックバック一覧です: 「妖怪教授」どもの楽園か?:

» 早大松本教授:研究費不正流用 [アマチュアサイエンティスト]
パンダくんに再三意見を求められているようなのでなんか書いておくか。 早大不正流用 [続きを読む]

受信: 2006年7月 6日 (木) 11時27分

« 日通も使えないねぇ(笑) | トップページ | 長谷川眞理子さんと対談 »