« Kヨガ(その7) | トップページ | 怒濤の突き押し »

友よ

ここ数年、次々と友人を失っていく気がして、孤立感が深まる。

学校に行っていた頃の友人は、みな、いい奴ばかりで、正義感にあふれ、フェアで、腹に一物もったような奴は皆無だった。

そして、誰も教師に媚を売ることもなかった。(恩師と教師はまったく別だぜ)

だが、ここのところ、多くの友人が、巨大組織に「部品」として完全に組み込まれてしまい、その部品化した友人たちが、オレに精神的な打撃を与えるようになってきた。

いつのまにか、彼らの心は(オレから見ると)「洗脳」され、友情やフェアな精神よりも、社会的な利害関係や組織の上司の都合を優先するようになった。

おそらく、彼らも苦しいのだろう。友人であるオレを組織や上司の前で斬らなくてはならない状況で、彼らは大いに苦悩するのだろう。

だが、彼らは、最終的にオレを斬った。

なぜ、一匹狼のオレが、むざむざと斬られたかといえば、それは、友人を信じ、いつもの「敵」に対するような防御体制を一切とっていなかったからだ。

ヤクザのヒットマンが、唯一、心を許していた友に裏切られて、頭をぶちぬかれる・・・そんなシーンを映画か何かで見た憶えがある。

おい! おまえら、いったいどうしたんだよ! オレを忘れたのか? なんで、そんな馬鹿たれの上司に頭下げてんだよ!

***

でもさ、オレは、どことなくわかる気もするんだ。

オレの親父は、一生、組織に身を捧げて、身を粉にして働いて、そして、最後にポイされた。

でも、そうして、オレたち家族を守っていたんだ。

***

最近、どんどん、孤立してゆくばかりだよ・・・オレ・・・。

一人ずつ、むかしの友だちが消えていくんだ・・・。

|

« Kヨガ(その7) | トップページ | 怒濤の突き押し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/10674203

この記事へのトラックバック一覧です: 友よ:

« Kヨガ(その7) | トップページ | 怒濤の突き押し »