« 算数話 | トップページ | 本日の出来事 »

ソナチネ

DVDを買ってきて、遅ればせながら、北野武監督の「ソナチネ」を見た。

かなり衝撃的だった。

ハリウッドとは正反対で、どちらかというとフランスのフィルム・ノワールを彷彿とさせ、この映画がヨーロッパで絶賛された理由が少しわかった気がした。

この作品の死生観はあまりに深く、中途半端な「観賞」など拒絶している。

世間の作品の評価は分かれるらしいが、どう考えても傑作だ。まあ、評論家なんて、目は節穴なのに、なんでも批判すりゃ、自分の価値が上るなんて勘違いをしている連中が多いわけで。(書評家も同じだね(汗))

13年前の映画だが、まだ見たことがない人は、絶対に見て損はない。

見終わったあと、しばし茫然として、動くことができなくなった。

|

« 算数話 | トップページ | 本日の出来事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/10730153

この記事へのトラックバック一覧です: ソナチネ:

« 算数話 | トップページ | 本日の出来事 »