« 怒濤の突き押し | トップページ | マレーシアの写真(ヨガ以外) »

強靱さ

ここのところ、いろいろな本を読み返している。

新しい本も読んでいるが。

インパクトがあって、凄いと感じたのは、著者の生き様や芸がそのまま滲み出ている本のような気がする。

北野武「余生」(ロッキング・オン)

の死生観のところなんか、一匹狼の生き様が出ていて、ちょっと震えがくるような感じがする。あとは社会からの(不当な)扱いやファン心理とか。結局、人生は、「死」を中心に廻っている・・・。

すでに書いたが、

「陰日向に咲く」劇団ひとり(幻冬舎)

は、信じられないほど、はずされた。仕事でゲスト出演するので読んだのだったが、あまりの出来の良さに驚愕した・・・というより、完全に著者の術中にはまって、泣かされ、笑わされちゃったよ。

鈴木光司さんもそうだが、ここのところ、一匹狼で、しかも「強靱」(しなやか)に生き抜いている人と出会って、学ぶことが多い。

なにせ、オレは、柔(やわ)でしょうがない。

|

« 怒濤の突き押し | トップページ | マレーシアの写真(ヨガ以外) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/10684819

この記事へのトラックバック一覧です: 強靱さ:

« 怒濤の突き押し | トップページ | マレーシアの写真(ヨガ以外) »