« 4.2%だって(汗) | トップページ | Kヨガ(その5) »

文部科学省の毒にあたった

文部科学省の信じられない官僚主義の「毒」にあたって、きわめて大きな精神的打撃を受けた。

友人と恩師がかかわっているため、詳細は書けない(書かない)が、文部科学省が進めている科学インタープリター、サイエンスライター養成プログラムは、完全にインチキだったのだとわかり、今後、一切、かかわらないことに決めた。

ただし、7月5日と12日に予定されている二回の臨時講義は、友人と学生に迷惑がかかるので、誠心誠意、きちんとやる。でも、それでおしまいだ。次はない。

人を愚弄するにも限度というものがあるだろう。

いや、お高い文部科学省から見れば、オレみたいなフリーの人間など、下界のゴミ屑にすぎない、ということなんだろうな。きっと。

電車に乗っていて、気がついたら、涙がボロボロ出てきちゃったよ。

***

ゴミはゴミなりに、同じ目線の読者(と視聴者)のためにガンバル。
それしかない。

(この件、今後、一切書きませんので、お許しを。でも、オレは精神が柔なので、こうやって日記にでも書かないと、次に進めなくなっちゃうんだよ・・・)

|

« 4.2%だって(汗) | トップページ | Kヨガ(その5) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/10645104

この記事へのトラックバック一覧です: 文部科学省の毒にあたった:

« 4.2%だって(汗) | トップページ | Kヨガ(その5) »