« 家出猫の心境 | トップページ | 真夜中の読書 »

垂直な寝床

ようやく注文していたスライド式本棚も到着し、光通信も開通し、引っ越しも一段落した。

K妻「ねえ、軍曹がぬくぬくしているけれど、大丈夫?」
オレ「別にいいんじゃない(パソコンから目を離さず)」
K妻「ふーん、あたしは別にかまわないんだけど、本当にいいの?」
オレ「猫は暖かい所が好きなんだから、勝手にさせてやれ」
K妻「でも、念のため、ちょこっとパソコンから目を離してみたら?」

あまりにしつこいので、めんどくせーなー、と思いつつ、ちらりと軍曹を見やったオレは、次の瞬間、脱兎のごとく軍曹にアタックしていた。

ふー、油断も隙もあったもんじゃねえ。

いやね、軍曹のやつ、光通信のモデムに完全に覆いかぶさって丸くなっていやがったんだ。

そりゃ、あったかいかもしれんが、封じ込められたモデムは、熱の逃げ場を失って、絶対に故障するぜ。

オレは、異常に温度の高くなったモデムを何気なく縦にすると、ふたたびパソコンに向かって仕事を始めた。

しばらくして横を見ると、いつのまにか舞い戻ってきた軍曹が、垂直に立った自分の寝床を前に首を傾げていた。(ふ、ザマーミロ。いくら猫でも垂直な寝床には寝られまい)

だが、次の瞬間、孫の手ならぬ招き猫の手が、モデムを叩(はた)いて、ふたたび横に倒したのをオレは目撃した。

かくて、猫とのいたちごっこは続く・・・。

|

« 家出猫の心境 | トップページ | 真夜中の読書 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/10135572

この記事へのトラックバック一覧です: 垂直な寝床:

« 家出猫の心境 | トップページ | 真夜中の読書 »