« 竹内さなみ新刊・特設ページ更新 | トップページ | もろもろ »

斑になる季節

アレルギーが出て大変なことになっている。

例年、梅雨の季節になると、身体中に発疹がでて、かゆくてたまらなくなったりして、酷いときには、患部が発熱して、しまいには日焼け痕みたいになる。

むかし、このままでは死ぬと思い、病院に行ったら、
「ああ、昨日も同じような症状で患者さんが搬送されてきました」
と、医者は、原因不明だが命に別条はない、と呑気に笑っていた。

あのなー。

本人にとっては、身体中がヒスタミンだらけになった気分で、いじいじして、いてもたってもいられないので、あらゆる療法を試みるのだが、お医者さんのいうとおり、原因不明なので、とにかく厄難が過ぎるのを待つしかない。

今回は、引っ越しにともなうハウスダストの吸引が原因かと思い、ヨドバシカメラに足を運んで、新型のサイクロン式の抗アレルギー掃除機を購入。

さらには、空気清浄機能付きのエアコンを三台も導入。

おまけに寝るときにはマスクをしているので、息苦しいのなんの(笑)

周囲の人は笑って見ているが、身体中が徐々に斑(まだら)に染まってゆくのは、かゆさや熱さを別にしても、決して気持ちいいものではない。

ここのところ語り起こしの仕事が二件入って、先週の金曜日と本日は、新居でテープ録りをやったのだが、Tシャツに短パンという風通しのいい服装で編集者をお出迎え。
中年男のおかしな恰好にギョッとしている編集者に、事情説明をしている自分が情けない。

今も患部に液体ムヒを塗って、ハアと溜め息をつきながら、ふたたび寝床に戻るところ。

水天宮にお参りに行って、早く厄難が去るように祈願してこよう・・・。

|

« 竹内さなみ新刊・特設ページ更新 | トップページ | もろもろ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/10107275

この記事へのトラックバック一覧です: 斑になる季節:

« 竹内さなみ新刊・特設ページ更新 | トップページ | もろもろ »