« 北野武という人 | トップページ | 復活 »

時機到来だったのか

科学出版界から何度も煮え湯を呑まされたせいで、日増しに「転身」をはかる気持ちが強くなってきている。あとは、好き勝手にやってください・・・オレは、もう、別のところに行きますから・・・それが正直な心境だ。

幅広い活動というのは、未知の世界へ飛び込むことでもあり、怖い気もするが、もともと好奇心が旺盛なので、時機到来なのかもしれない。

先週、さる制作・マネージメント会社の人からメールがきて、近々、顔合わせをすることになった。

オレは、本が好きでこの仕事をしているのだから、現在は、新たな作家活動の可能性を探っている情況だ。
だから、いきなり他業種への転職、というわけではないが、世の中には、オレの知らない世界や方法が見えている人もいるだろう。

ある人から「竹内さんの今の状態は、会社が一部上場に向かって動き始めたようなもの、あるいは、マイナーからメジャーに昇格するようなもの」といわれて、なんだか、急に気持ちの整理がついた。

人間は、一時的に視野がものすごく狭くなってしまって、全体像を見失うときがある。
オレは、ここ一ヶ月、完全にドツボにはまっていた。

本当の読者からのことばって、必ず、オレが見失っていた方向を指差してくれるよね。サンキュー!

お? プチ鬱脱出か?

|

« 北野武という人 | トップページ | 復活 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/9890305

この記事へのトラックバック一覧です: 時機到来だったのか:

« 北野武という人 | トップページ | 復活 »