« やはり反骨で | トップページ | ギャラの交渉(疲れる) »

電気論の初歩

マクスウェルの「電気論の初歩 上」は、シャムハトプレスがジュンク堂に最初に納入したぶんは完売し、追加納入したそうだ。順調でホッとしている。

すでに下巻の下訳もできているのだが、今年の後半には、「物質と運動」(これも下訳は完成)を送り出し、その後、来年の前半になると思うが、電気論の下巻を読者のもとにお届けしたい。

こういった地道な仕事を読者がどのように評価してくれるのか、未知数だが、オレとしては、半分ライフワークとして続けるつもりだ。

前の日記にも書いたが、オレの仕事を評価してくれるのは、(オレと家族と猫以外には)読者しかいない。
だから、ひとりでも読者がいるかぎり・・・もとい・・・ひとりだとさすがに厳しいな・・・生存が難しくなる・・・600人の読者がいるかぎり、オレはやる。

応援、ヨロシク!

|

« やはり反骨で | トップページ | ギャラの交渉(疲れる) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/9469017

この記事へのトラックバック一覧です: 電気論の初歩:

« やはり反骨で | トップページ | ギャラの交渉(疲れる) »