« ホンネ | トップページ | KDDIから引っ越し? »

洪水なんだって

業界では、ハリポタの「大洪水」の被害に遭わないようにと、4月末が刊行ラッシュとなり、町の本屋さんは配本の「洪水」で、麻痺状態が続いている・・・らしい。

洪水を避けようとして、自ら洪水を作り出して、勝手に溺れているとは、皮肉な話だが、ハリポタ現象には、業界にもさまざまな不満がくすぶっていて、ハリポタの出版社もみんなから恨まれるようになってしまった。

当初の美談が、「これだけ稼いで、まだ足らないのかよ」という感情に変わってきていて、ようするに共感から反発へ転換してしまったのだ。

その根底には、ハリポタが、返本を認めない、買い切り制を押し付けているために、本屋さんの棚の占拠状態が続くことによる弊害がある。
売れ行きが落ちても、ハリポタだけは、売り切らないと本屋さんが丸損してしまうのだ。
そのとばっちりは、皮肉なことに、他の出版社へまわることになる。

(もちろん、再販制という法律そのものの根強い問題が、さらにその奥に潜んでいるわけだが・・・)

|

« ホンネ | トップページ | KDDIから引っ越し? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/9774286

この記事へのトラックバック一覧です: 洪水なんだって:

« ホンネ | トップページ | KDDIから引っ越し? »