« 消毒 | トップページ | プログラムが思い浮かばない »

博打商売

昨日の朝カルは、生徒さんが4名だけで、担当のJさんとともにのけぞった。

久々に冷や汗が出たぜ。

うーむ、長い間続いてきた竹内節の講義も、そろそろ消滅か。(冗談ではない)

これで、7月からの一般相対性理論の講座にも赤信号が灯(とも)った。

月曜の「頭がよみがえる算数練習帳」は名前がよかったせいか、昼間の時間帯だったせいか、主婦の方の参加が多かったのだが、金曜の夜の時間帯の参加は見込めない。
この時間帯の主な客層であるサラリーマンの方には、「算数と物理」という題名が魅力的でなかったのかもしれない。

7月からのレギュラー講座は、10名以下だった場合は、残念ながら中止です。
また、ファインマンの教科書が5000円と非常に高いので、それもネックになる可能性がある。

カルチャーセンターは、そろそろ潮時だ、という神様の意思表示なのかもしれない。

その場合は、淡々と受け入れて、今年は執筆11本とテレビ1本に専念する。

***

本の仕事もカルチャーセンターの仕事も博打(ばくち)だ。

開けてみるまで、「売れる」かどうか、まったくわからない。

お客さんが完全浮動層であり、知識やバックグラウンドもバラバラだから、読めないのだ。

***

対照的にジュンク堂のトークセッションは、早々と満員御礼です。

申し込んでくださったみなさま、どうもありがとうございます!

面白い話を用意しましたので、乞う御期待。

|

« 消毒 | トップページ | プログラムが思い浮かばない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/9602720

この記事へのトラックバック一覧です: 博打商売:

« 消毒 | トップページ | プログラムが思い浮かばない »