« 業務連絡(講座案内) | トップページ | 有名人病 »

不思議な体験

私は作家が本業なので、茂木健一郎のようにテレビのメインキャスターをやる、などという大胆かつ不敵な路線はありえないが、「引き受け手がいないからやれ」というご指名だったので、「深夜帯なら目立たないし嫌みにもならないからいいか」と、中村亨(あきら)さんとK妻とともにテレビの収録なるものに行ってきた。

北野たけしさんに初めてお会いしたが、正直いって、「頭の良さ」に驚かされた。

事前に、いろいろな先入観があったのだが、そういったものは、一気に吹っ飛んだ感じだ。

マルチな才人とはこの人のことなのだなと、なんだか、得した気分になった。

***

とはいえ、問題選定と本番のためのマセマティカのプログラムの作成で、かなりの時間をとられてしまうので、できれば、本番の解説は、中村さんにも負担してもらいたいなぁ。

スタジオに入ったのが2時きっかりで、終わったのが8時だった。

とてもオレのひ弱な体力では、もたない(笑)

***

もちろん、テレビの仕事は、ほとんど初めてに近いので、バリバリに緊張していたのだが、しょっぱなにたけしさんに「竹内さんの本は読んでます」と言われて、スーッと緊張がほぐれた。

やはり、大きい人は、何かがちがうのかもしれない。

***

そういえば、たまたま収録中に、ノミネートされていた、ある出版関係の賞に(またもや!)落選したようなのだが、もはや、その選考のことさえ、完全に忘れていたのが、自分でも興味深い心理だと思う・・・。

***

でもさ、いつものカルチャーセンターとちがって、生の生徒さんがいないので、どこを見ていいかわからず、やけにきょろきょろしていた気がする。

あと、K妻に注意されたのだが、声が小さくて聞こえなかったそうだ。

今後の課題山積か(笑)

|

« 業務連絡(講座案内) | トップページ | 有名人病 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/9437572

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な体験:

« 業務連絡(講座案内) | トップページ | 有名人病 »