« マクスウェル本の背景 | トップページ | 超ひも理論とはなにか »

情報統制の問題

ニューズウィークの日本版で大々的に取り上げられたBSEの問題が、アメリカ版ではまったく掲載されず、それどころか、そもそもアメリカのマスコミは、ほとんどBSEをとりあげない、という事実を知って驚いた。

つまり、業界団体とブッシュ政権の癒着が強すぎて、科学的な情報が自由に発信できない状態なのだ。

少し前に、中国が、日本のマスコミの反中国的な報道をやめさせるように文句を言ってきて、日本側が「日本ではそんなことはできない」と突っぱねたことが思い出される。あるいは、中国のインターネット検索では、天安門事件すら引っかからない、ということでアメリカ政府が問題視しているニュースも、つい最近のことだ。

だが、これでは、アメリカも事実上の情報規制が行なわれているのと同じであり、中国に文句をつけている場合じゃないだろう。

こういう構図は「外部の眼」で見ないと見えないものだが、日本の場合、外部から見ると、どういった情報統制があるんだろう?(あるいはないんだろう?)

かなり考えさせられた。

|

« マクスウェル本の背景 | トップページ | 超ひも理論とはなにか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/8731964

この記事へのトラックバック一覧です: 情報統制の問題:

« マクスウェル本の背景 | トップページ | 超ひも理論とはなにか »