« 名著推薦 | トップページ | 重版御礼! »

このままでは反中国になってしまう

ここ数年、中国に対する印象が極端に悪くなっている。

なぜだろうか。

私はカトリックなので、政教分離という原則からも、小泉首相の靖国神社参拝には反対だ。
でも、それを中国から「命令」されたり「要求」されたりすると、凄く腹が立つ。

中国がチベットを軍事的に支配して、ダライ・ラマの傀儡をたてるという行為はどうなるのか。
あるいは、台湾の人々の意思を無視して軍事進攻することを正当化する「法律」とは何なのか。

日本が中国に対して、そういうことを改善するよう「命令」したり「要求」してもいいのだろうか。

数年前まで、中国に旅行に行ってみたいと考えていたが、今では、そんな考えは吹き飛んでしまった。

中国は、劣等感や優越感の交じり合った過敏な反応をやめて、もっと大人の態度で隣国に接するようにしないと、将来的な友好関係は望めないだろう。

現代の日本では、やたら、右翼的な意見がウケていて、それ自体にも大いなる危機感を覚えるのだが、その一因が、中国の外交態度にあることはまちがいないだろう。
つまり、中国の一連の外交上の発言は、完全に逆効果なのだ。

日本内の右翼だけでなく、本来ならば靖国神社参拝に反対の立場をとる人々の反発を買っていることに中国政府は気がつくべきだ。

|

« 名著推薦 | トップページ | 重版御礼! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/8782405

この記事へのトラックバック一覧です: このままでは反中国になってしまう:

« 名著推薦 | トップページ | 重版御礼! »