« そういえば | トップページ | 仮説本の背景 »

重版御礼!

「99・9%は仮説」は、おかげさまで、発売翌日に増刷となりました。

内心、かなり心配していたのですが、名物編集者のKさんからも激励の電話があり、出だしの初速は「座右のゲーテ」と同じということで、少し安心しているところです。

ぜいぜいぜい。

また、丸善丸の内本店の講演・サイン会も、3月20日午後7時から8時すぎ、ということで確定です。

苦節十数年、ようやく明るいきざしが見えてきたのか?(などと、気を抜かずにがんばろう・・・マクスウェルの「物質と運動」の翻訳も進行中だし・・・)

いつも支えてくださる読者のみなさまに心より感謝。

|

« そういえば | トップページ | 仮説本の背景 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/8704770

この記事へのトラックバック一覧です: 重版御礼!:

» 『99.9%は仮説』(竹内薫、光文社新書) [新・クラシック音楽と本さえあれば]
「世界は仮説で出来ている」事をわかりやすく語ってくれる本です。 読んでいて頭の風通しが少し良くなるような爽やかな科学書で、しばらく科学の入門書にはまりそうです。 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 竹内 薫 / 光文社 ISBN : 4334033415 スコア選択: ... [続きを読む]

受信: 2006年2月17日 (金) 21時42分

» 「構造派」建築 [ハルオの日記]
建築物はどうあるべきか。日本は地震大国であるから、理論に則った堅固な構造を前提と... [続きを読む]

受信: 2006年2月18日 (土) 02時12分

» 医療はオーダーメードであるべきだ [法務だけど理系女子の綴るblog]
医学って、ウィルスや外科症状以外はほとんど原因と結果のひも付きが出来ていない、科学としてまだまだ発展途上の分野だと思うんです。その中で、パッとみえる症状だけから患者に病名をつけて、以後はその病名に習って一律で処理をすることに、私はとても違和感があります。まだ医学は発展途上の分野であり、人の痛みや命を預かってることを肝に銘じて、医療はプレタポルテじゃなくてオーダーメイドであるべきだと思います。 なぜ...... [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金) 09時24分

» 99.9%は仮説 [ある建設技術者のメモ]
99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方を読了。  TOC思考プロセス... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 16時21分

« そういえば | トップページ | 仮説本の背景 »