« 空耳 | トップページ | 蛸壺空間 »

相対性の彼方

本日は「時間論」の打ち上げ兼打ち合わせで秀和システムのTさんと会食。
K妻がパエリヤや牡蛎のクリームシチューのゆず詰めなどをつくった。

***

酔っぱらって寝ているとNHKで小田和正さんのドキュメンタリーをやっていた。
K妻は前に勤めていたスポーツクラブで小田さんのストレッチなどを担当していたこともあり、今でもカラオケで小田さんの曲を歌うし、本棚にCDも並んでいる。

あるとき、新しいアルバムが売れなくなって、
「みんな自分の生活に忙しくて、オレのアルバムになんか興味がないんだ。だったら、オレは、自分のつくりたいものをつくっていこう」(言葉遣いはテレビどおりじゃありません)
と考えて、作風が変わったら、これまで曲を聴いてくれなかった、同世代の男声がコンサートに来てくれるようになった、というエピソードには、「創る」という行為の深い部分を見せられた気がした。

去年の6月に出た小田さんのアルバム「相対性の彼方」(意味深長な名前だ!)を引っ張り出して聴く・・・。

***

仮説本は「99.9%は仮説 思い込みで判断しないための考え方」に題名が確定した。

そういえば、逮捕されたライブドアの岡本容疑者が「99.9%発覚することは無い」と豪語していたそうだが、この題名は、ライブドア事件の数日前に決まったものなので、思わぬ共時性に苦笑。

「飛行機が飛ぶ理由は科学では説明できない」という冒頭の「つかみ」は航空力学関係者を怒らせてしまいそうだが、もちろん、流体力学の原理と計算の話なので、高度なシミュレーション技術や翼理論をなんら否定するものではない。(あたりまえだが)

この本は、絶対に面白いものに仕上がった。

|

« 空耳 | トップページ | 蛸壺空間 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/8357051

この記事へのトラックバック一覧です: 相対性の彼方:

» 小田和正「にんげんドキュメント」 [GREEN DAYS 〜緑の日々〜]
ツアー終盤の声の管理、音楽観の変化、そして同級生や団塊の世代への思いが軸になっていました。 「そして今も」とか「the flag」をクローズアップしたところは、NHKらしいと言えばNHKらしいかも。 番組最後の小田さんのメッセージはファンにとって嬉しいものでした。 ....... [続きを読む]

受信: 2006年1月27日 (金) 06時52分

« 空耳 | トップページ | 蛸壺空間 »