« 仮説本 | トップページ | 侵入警報! »

補足

あ、仮説本は飛行原理の解説書じゃありません、念のため!

さまざまな科学仮説の「仮説性」を浮き彫りにして、いかに人間が思い込みや偏見に染まっているかを理解してもらう、頭の体操のための本なのです。

これまで科学は難解だ、近づき難い、と敬遠していた(おもに)文系の読者にむけた「科学入門」でもあります。

出版が近づきましたら、目次や、書き下ろしエッセーなどもオフィシャル・サイトに掲載する予定です。
お愉しみに!

***

あ、それから、日本経済新聞に連載中のエンジョイ読書(書評)は、木曜の夕刊から水曜の夕刊に変更となりました。

先週の水曜は、「不思議な数πの伝記」(日経BP社)をメインでとりあげました。

あと、公明新聞に連載が始まった「文化最前線」の第一回目は、1月17日の文化欄に掲載された「ロバストネスとはなにか」です。

時間遅れでオフィシャルサイトに掲載します。

|

« 仮説本 | トップページ | 侵入警報! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/8396629

この記事へのトラックバック一覧です: 補足:

« 仮説本 | トップページ | 侵入警報! »