« 電車奇行 | トップページ | インターフェース »

ロバストネス

昨日は原宿の北野オフィスで「ロバストネス本」の三回目のテープ録り。

ほぼ話題は出尽くした感じで、最後には、組織論から宇宙論まで幅広い話題が出た。

来年1月には脱稿できそうだ。3月から4月の刊行予定。

***

そういえば、昨日のみずほ証券のちょんぼだが、どうして1万数千株しか発行していないのに、何十万株も売れるんだろう。

「楽天だって売り切れのときは買えないのにね」(K妻談)

ロバストネスの話からいうと、システムのパフォーマンス(効率)を最大にしたために、フィードバックなどの基本的な部分がおろそかになって、脆弱性をさらけだしたということか。

効率いいと、壊れやすい。
安全にすると、効率は落ちる。
人生、うまくいかないねぇ。

***

12チャンネルのニュースを見ていたら、パイオニアの業績悪化の話をやっていて、アナリストが、失墜したブランドイメージの問題を指摘していたが、そのアナリストの肩書きは「みずほ証券」となっていた。

うーむ。他人のブランドを心配する前に、自分の会社のブランドを立て直さなくちゃいけなくなっちゃったね。

|

« 電車奇行 | トップページ | インターフェース »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/7538653

この記事へのトラックバック一覧です: ロバストネス:

» 物質をめぐる冒険 [ハルオの日記]
竹内薫著「物質をめぐる冒険」を購入し、一気に読み切る。途中、破れているページがあ... [続きを読む]

受信: 2005年12月10日 (土) 00時45分

« 電車奇行 | トップページ | インターフェース »