« ロバストネス | トップページ | 花咲爺さんの予言 »

インターフェース

みずほ証券の大量発注ミスだが、おそらくパソコンの画面に「1」と「610000」という数字を入れただけのことなのだろう。

オレは、よくインターネットで買い物をするが、入力ミスも多い。

今回の事件は、もしかしたら、機械と人間のインターフェースの問題なのではないかしら。

つまり、人間の頭は、必ず「円」とか「株」というような「物を数える単位」と数字を結び付けている。
ところが、パソコンの画面に人間が打つのは、そういった単位を除いた数字だけなのだ。

もしも、「いちえん」と「ろくじゅういちまんかぶ」というように単位まで含めて「言葉」として入力した後、機械のほうがそこから単位を除いて、数字だけを抽出して、もう一度確認してくれるような仕組みになっていたら、円と株を逆にするようなとんでもないミスは生じないはずなのだ。

まさに、人間の発想法と機械の処理法の「つなぎ方」の問題だったように思うのである。

|

« ロバストネス | トップページ | 花咲爺さんの予言 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/7564892

この記事へのトラックバック一覧です: インターフェース:

« ロバストネス | トップページ | 花咲爺さんの予言 »